國廣昇

Noboru Kunihiro

Last updated 2021/08/04

所属

Affiliation

  • 所属・職位: 筑波大学システム情報系・教授
    • 情報理工学位プログラム/コンピュータサイエンス専攻
    • 情報科学類

経歴

Career

  • 1971.6 愛知県岡崎市生まれ
  • 1990.3 愛知県立岡崎高校卒業
  • 1994.3 東京大学工学部計数工学科卒業(数理工学)
  • 1996.3 東京大学大学院工学系研究科計数工学専攻修士課程修了(数理工学)
  • 1996.4 NTT入社
  • 1996.8 - 2002.6 NTT コミュニケーション科学基礎研究所
  • 2001.1.18 博士(工学)
  • 2002.7 - 2006.3 電気通信大学電気通信学部情報通信工学科 講師
  • 2006.4 - 2008.2(2006.4-2007.3は助教授) 同准教授
  • 2008.3 - 2018.3 東京大学大学院新領域創成科学研究科 複雑理工学専攻 准教授
  • 2018.4 - 2019.4 東京大学大学院情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻准教授
  • 2019.5 - 現職

学位論文

  • タイトル: Security and Efficiency Analyses of Public Key Cryptosystems (公開鍵暗号の安全性解析と高速化手法)
  • 博士(工学),東京大学大学院工学系研究科計数工学専攻,2001年1月18日

研究テーマ

Reserach Theme

主要な研究テーマ:

  • 暗号理論,情報セキュリティ,量子計算

具体的なテーマ(順不同)

  • 公開鍵暗号の安全性評価,IDに基づく暗号系,暗号プロトコル全般,秘密鍵暗号に対するside channel解析,代数的攻撃,ハッシュ関数に対する攻撃,Shorの素因数分解アルゴリズムの量子回路表現,秘密分散法の応用,加法連鎖など

研究業績

Publication

著書,翻訳本

  • 基礎系 数学 代数学 (東京大学工学教程) ,國廣昇,丸善出版,2018年1月29日発行.
  • Mathematical Modelling for Next-Generation Cryptography, Editor: Tsuyoshi Takagi, Masato Wakayama, Keisuke Tanaka, Noboru Kunihiro, Kazufumi Kimoto, and Dung Hoang Duong, Springer, 2017年7月発行.
  • 数学ゲーム必勝法1,小林欣吾,佐藤創監訳,共立出版,2016年12月発行(7章の翻訳を担当)
  • ほんとうに安全?現代の暗号(<岩波科学ライブラリー>シリーズ) 太田 和夫,國廣昇(著),岩波書店, 2005年5月発行
  • 暗号理論(<1冊でわかる>シリーズ) 太田 和夫訳・解説,國廣昇訳,岩波書店, 2004年3月発行(原書は,“Cryptography”: A Very Short Introduction, Fred Piper &Sean Murphy著,Oxford University Press発行)

解説(主要なもの)(5編)

  • Quantum Factoring Algorithm: Resource Estimation and Survey of Experiments, by Noboru Kunihiro, International Symposium on Mathematics, Quantum Theory, and Cryptography - Poceedings of MQC 2019 -, pp. 39-55, Springer, 2020. [DOI]
  • Mathematical Approach for Recovering Secret Key from Its Noisy Version, by Noboru Kunihiro, Mathematical Modelling for Next-Generation Cryptography, pp. 199-217, Springer, 2017. [DOI]
  • 格子理論を用いた暗号解読の最近の研究動向,國廣昇, 電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review, Vol. 5, No. 1, pp. 42-55, 2011. [DOI]
  • APOPが破られた,國廣昇,太田和夫, 電子情報通信学会会誌,Vol. 91, no. 9, pp. 822-825, 2008.
  • 素因数分解はRSA暗号解読より真に難しいか?,國廣昇, 電子情報通信学会会誌,Vol. 91, no. 6, pp. 474-477, 2008.

代表的な論文(5編)

  • Noboru Kunihiro and Junya Honda, “RSA meets DPA: Recovering RSA Secret Keys from Noisy Analog Data,'' in Proc. of CHES2014, LNCS 8731, pp. 261-278, 2014. [eprint版]
  • Noboru Kunihiro and Kaoru Kurosawa, “Deterministic Polynomial Time Equivalence between Factoring and Key-Recovery Attack on Takagi’s RSA,” in Proc. of PKC2007, LNCS4450, pp. 412-425, 2007.[link]
  • Noboru Kunihiro, “Exact Analyses of Computational Time for Factoring in Quantum Computers,” IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol. E88-A, No.1, pp. 105-111, 2005. [DOI]
  • Noboru Kunihiro and Hirosuke Yamamoto, “New methods for generating short addition chains,” IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol. E83-A, No.1, pp. 60-67, 2000.
  • Noboru Kunihiro and Kenji Koyama, “Equivalence of Counting the Number of Points on Elliptic Curve over the ring $Z_n$ and Factoring $n$,” In Proceeding of EUROCRYPT'98, LNCS 1403, pp. 47-58, 1998.

全発表リストの国際版はこちら(2021/03/19更新),国内限定版はこちら (2021/01/25更新)


代表的な表彰

  • CSS2016最優秀論文賞, ‘‘まぜるな危険準同型暗号,’’ 江村恵太,林卓也,國廣昇,佐久間淳
  • 2010年:平成21年度電子情報通信学会論文賞:佐々木悠,王磊,太田和夫,國廣昇, “Extended Password Recovery Attacks against APOP, SIP, and Digest Authentication”
  • 1997年: SCIS論文賞 「適切な位数を持つ楕円曲線に基づく素因数分解」

全表彰リストはこちら(2020/11/06更新)

担当科目

Classes

  • 令和3年(2021年)度:
    • 情報セキュリティ(春AB)(情報科学類3年生向け,3/10を担当)
    • 微分方程式(秋AB)(情報科学類学類2年向け)
    • データサイエンス(秋AB)(学類1年向け)

担当科目の全リストはこちら

連絡先

Contact

  • 〒305-8573 茨城県つくば市天王台1-1-1
  • 筑波大学システム情報系情報工学域
  • 居室:筑波大学筑波キャンパス第三エリアF棟903
  • E-mail: kunihiro (at) cs.tsukuba.ac.jp