ごあいさつ

筑波大学で,暗号理論の研究を行っています.2019年5月にできた新しい研究室です. 暗号理論,特に,暗号の安全性解析を主な研究テーマとしています. これ以外にも,暗号理論に関する幅広いテーマを研究しています.

研究室メンバー


スタッフ


研究室学生

  • 博士前期課程1年 (情報理工学位プログラム): 小谷俊輔
  • 学類4年(情報科学類):奥村純平
  • 学類4年(情報科学類):谷健太

(関連する)学生

  • 博士後期課程(3年): 大西健斗 [Link] (東京大学大学院情報理工学系研究科数理情報学専攻高木研究室所属)

卒業生

  • 研究室OB/OGはこちら(東京大学での学生のみ記載,電気通信大学での学生含まず)

最新情報&更新情報

  • 2020年10月27日: 新着 お知らせ 国際会議ISITA2020で,共著者の江利口さんが,ISITA2020 Best Student Paper Awardを受賞しました.
  • 2020年10月24日: 新着 国際会議 国際会議ISITA2020で,"A Linear Algebraic Approach to Strongly Secure Ramp Secret Sharing for General Access Structures"を共著者の江利口さん(東大)が発表しました(Reo Eriguchi, Noboru Kunihiro and Koji Nuida).
  • 2020年10月15日: 新着 国内会議 國廣が,情報処理学会・量子ソフトウェア研究会発足記念講演会で講演「量子計算機と暗号」を行いました.
  • 2020年09月29日: お知らせ 情報科学類3年生向けの研究室紹介の情報を公開しました.
  • 2020年08月20日: 国際会議 国際会議ASIAJCIS2020で,研究室から3本の研究発表を行いました.
  • 2020年08月07日: 論文 論文誌 Information Processing Lettersに,"Strong Security of Linear Ramp Secret Sharing Schemes with General Access Structures"が採録されました(Reo Eriguchi and Noboru Kunihiro).
  • 2020年08月05日: お知らせ 研究室HPのデザインを再び変更しました.
  • 2020年08月01日: 論文 論文誌 IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciencesに,"Lattice-Based Cryptanalysis of RSA with Implicitly Related Keys"が採録されました(Mengce Zheng, Noboru Kunihiro and Honggang Hu).
  • 2020年07月17日: 論文 論文誌 Theoretical Computer Scienceに,"Extended partial key exposure attacks on RSA: Improvement up to full size decryption exponents"が採録されました(Kaichi Suzuki, Atsuhi Takayasu, and Noboru Kunihiro).
  • 2020年06月23日: 国内会議 國廣が,情報処理学会・量子ソフトウェア研究会月例セミナーにて,講演「量子計算と暗号:Shorのアルゴリズムからポスト量子暗号まで」を行いました.
  • 2020年06月18日: 国際会議 国際会議ITC2020で,"d-Multiplicative Secret Sharing for Multipartite Adversary Structures"を共著者の江利口さん(東大)が発表しました(Reo Eriguchi and Noboru Kunihiro).
  • 2020年06月15日: 国内会議 國廣が,電子情報通信学会東京支部地域イベント:茨城にて,講演「準同型暗号:その理論と応用」を行いました.
  • 2020年05月15日: お知らせ 研究室HPのデザインを変更しました.
  • 2020年04月01日: お知らせ 研究室に博士前期課程学生1名,卒論生2名が配属されました.
  • 2020年03月25日: 論文 論文誌 Theoretical Computer Scienceに,"Generic hardness of inversion on ring and its relation to self-bilinear map"が採録されました(Takashi Yamakawa, Shota Yamada, Goichiro Hanaoka and Noboru Kunihiro).
  • 2020年01月28日: 国内会議 SCIS2020で,研究室から5件の発表を行いました.

  • 2019年12月06日: 国際会議 国際会議ICISC2019で,"Improved CRT-RSA Secret Key Recovery Method from Sliding Window Leakage"を共著者の大西さん(東大)が発表しました (Kento Oonishi, Xiaoxuan Huang, and Noboru Kunihiro).
  • 2019年12月05日: お知らせ 研究室HPを公開しました.
  • 2019年11月19日: 国内会議 QIT研究会にて,「効率的な量子剰余加算回路の提案とその実装」を共著者の大西さん(東大)が発表しました
  • 2019年10月31日: 論文 論文誌 Discrete Applied Mathematicsに,"Worst case short lattice vector enumeration on block reduced bases of arbitrary blocksizes"が採録されました(Noboru Kunihiro and Atsuhi Takayasu).
  • 2019年10月21日: 国内会議 CSS2019で,國廣がプログラム委員長をつとめました.
  • 2019年10月21日: 国内会議 CSS2019で,研究室から3件の発表を行いました.
  • 2019年09月25日: 国際会議 国際会議MQC2019で,研究室から2件の発表を行いました.
  • 2019年08月29日: 国際会議 国際会議IWSEC2019で,Best Poster Awardsを受賞しました.(受賞者:K. Naganuma, T. Suzuki, K. Takahashi, Y. Kaga, M. Yoshino, and N. Kunihiro )
  • 2019年08月28日: 国際会議 国際会議IWSEC2019で,"Secure Key-management Technology for Blockchain using Biometrics Information"を共著者の長沼さんがポスター発表しました.
  • 2019年08月27日: 国際会議 国際会議ITW2019で,"Strongly Secure Ramp Secret Sharing Schemes from Any Linear Secret Sharing Schemes"を共著者の江利口さん(東大)がポスター発表しました.
  • 2019年08月19日: 国際会議 国際会議AQIS2019で,"New Quantum Algorithms for Modular Inverse and Its Application on the Elliptic Curve Discrete"を共著者の鞍馬さんがポスター発表しました.
  • 2019年07月23日: 国内会議 ISEC研究会にて,「剰余逆元計算の新しい量子アルゴリズムと楕円曲線離散対数問題への応用」を共著者の鞍馬さん(東大)が発表しました
  • 2019年07月12日: 国際会議 国際会議ISIT2019で,"Optimal Multiple Assignment Schemes Using Ideal Multipartite Secret Sharing Schemes"を共著者の江利口さん(東大)が発表しました(Reo Eriguchi, Noboru Kunihiro and Mitsugu Iwamoto).
  • 2019年05月01日: お知らせ Hyungrok Jo研究員が筑波大学に着任しました.
  • 2019年05月01日: お知らせ 國廣教授が筑波大学に着任し,暗号理論研究室が誕生しました.